太陽光発電 安い

太陽光発電 安い

太陽光発電 安い

《全国対応》太陽光発電無料一括見積り~他サイトより高けれはご一報ください~

 

太陽光発電システムを安く導入したい場合、
国内メーカーと海外メーカーを比較しながら
どのメーカーが安いのかを検討していくことになります。

国産メーカーの太陽光発電システムで安いのが三菱電機。
他に国産の安いメーカーだとフジプレアム、イワテック、
ネミーエネルギーソリューションズなどのメーカーがあります。

国産メーカーの場合安かろう悪かろうということはなく、
三菱電機はパワコンの変換効率も高く長期保証のオプションも充実しています。

安く無いからといって良く無いメーカーということはなく
保障や発電効率などで魅力的なメーカーになっている場合があります。

ソーラーフロンティアはパネル能力の保証機関が20年です。

パナソニック・東芝は世界最高水準の発電効率をもっています。

京セラは日本の家屋の屋根に合わせた形状にすることができます。

シャープは国内でのシェアは1番になっている安心感があります。

ノーリツは工事保証10年でほか充実した保証があります。

安さだけでなく保証や発電効率も含めた比較検討が必要ですね。

価格重視だと中国のメーカー、アップソーラーやトリナソーラー、サンテックパワー、
カナディアンソーラーがあります。
韓国のヒュンダイ、台湾のパワーコムソーラーも国産と比較すると安くなってます。

太陽光発電の価格

 

太陽光発電 メリット デメリット

地球温暖化のを防ぐため世界的に二酸化炭素を排出する発電から
太陽光発電や風力発電に資本家がシフトしているといわれます。

クリーンなエネルギーとして注目を集めている太陽光発電ですが、
メリットとデメリットがあるといわれます。


メリットは、家庭の屋根に太陽光パネルを設置することで、
売電によって自宅の電気を太陽光でまかなえることです。

余った電機は電力会社へ売却できるため、
災害などで停電をした時でも太陽が出ていれば電気が使用可能です。

火力発電と違って発電することで出てしまう排出物がないので
地球環境に優しくエコに貢献できるなどのメリットがあります。

デメリットは、初期費用が高いうえ維持費もかかることでした。

最近の報道では太陽光発電の供給が多くなったので
売電価格が毎年低下していることがあります。

太陽光発電の売電価格と回収期間

 

太陽光発電 売電価格

太陽光発電の買い取り価格は年々低くなっている状態です。

ですが、太陽光発電システムが6年前より半額以下になったことで
売電価格が下がっても原価を回収できる期間は以前と変わりません。

太陽光発電の初期費用が値下がりした分、投資金額とリスクは減っています。

太陽光発電黒字転換ポイントシミュレーション

 

太陽光発電 今後

太陽光発電を導入する時には、太陽光を施工する業者と様々なやり取りが必要になってきます。
まずは、屋根にどのように太陽光が当たるか屋根の角度を調べる必要が
あります。
南向きと北向きでは発電量to発電効率に大きい差が出ます。

多く発電できるように、パネルの角度を検討して、
年間の発電量と売電価格を計算する必要もあります。


今後も売電価格は減少していきますが、
原価の償却期間といつから、電気代が実質0円になるか?
業者から表を作って把握できるようにプレゼンしてもらうようにします。

償却期間が8年以下の例

 

 

太陽光発電 蓄電池

太陽光発電のデメリットに日が当たらないと発電しないうというのがあります。
夜だけでなく曇りや雨の日や冬の期間も発電量が少なくなります。

それを解決する方法として蓄電池を設置する技術があります。

蓄電の技術が上がれば太陽光がより得られるときに蓄電して、
必要なときに使うことができるのです。

蓄電池の見積もり